連盟について

沿 革

 横浜六専門学校リーグ(高商・高工、Y専・医専、横専、関東学院専門)を前身とし、1949年(昭和24年)新制大学発足を契機に、横浜国立大学、横浜市立大学、神奈川大学、関東学院大学の4大学で神奈川県の大学野球は一歩を踏み出した。     

 昭和25年には東京水産大学の加入で5大学に、昭和27年には麻布獣医大学が加盟したものの両大学とも2〜3年で脱退し、昭和31年に防衛大学校の加盟により昭和51年まで「神奈川五大学野球連盟」の名称ででリーグ戦の熱戦が繰り広げられた。

  昭和52年に幾徳工業大学(現神奈川工科大学)が加盟し「神奈川六大学」に、さらに 昭和57年に横浜商科大学、鶴見大学、東京工芸大学、神奈川歯科大学が加わり、10大学となり一部、二部体制の「神奈川大学野球連盟」と名称を改めた。

  さらに、平成14年に神奈川歯科大学が離脱したが、平成16年には田園調布学園大学が平成18年には桐蔭横浜大学が平成19年には職業能力開発総合大学校が平成21年には松蔭大学が新たに加盟し、一部6校二部7校に編成された。  

  この間、昭和27年より開催された全日本大学野球選手権大会では横浜市立大学が第1回大会、第3回大会でベスト4に、それ以降も神奈川大学が8度のベスト4に、そして平成26年に準優勝、関東学院大学が2度のベスト4に、そして平成5年に準優勝を、明治神宮野球大会では平成15年に神奈川大学が準優勝、平成24年に桐蔭横浜大学が優勝を成し遂げている。

  本連盟は発足時から長年にわたり平和球場をメイン球場としてリーグ戦を開催している。平和球場は、時代の流れの中で「横浜公園球場」「ゲーリック球場」そして昭和27年「平和球場」と名称は変わったものの、野球発祥の地横浜で多くの県民に親しまれた球場であった。

  そして幾多の歴史を刻んだ平和球場は昭和53年、市民の球場「横浜スタジアム」として日本で二番目の人工芝球場に生まれ変わった。

  本連盟のリーグ戦がその伝統ある球場で多くの方々のご協力を得て開催できる喜びを謙虚に受けとめ、役員、選手一同日々精進していく所存である。

神奈川大学野球連盟事務局
〒231-0006 横浜市中区南仲通4-40 南山ビル6F TEL:045-663-8980

■お問合せは、当番校まで  TEL: 090-5999-6507



加盟大学一覧